PC関連

XP-PEN Deco01 V2で特定の部分だけカクつく時の対処法

PC関連

ペンタブの下部の範囲で使う分に問題ないのですが、細かくペンを動かして描くと上部の範囲だけ遅延してるのかカクつく事に気づきました。

この問題の対処法が分かったので同じような症状の人向けに書き残しておきます。

XP-PENの製品で似たような不具合のある方も、もしかしたら改善するかもしれません。

自分のペンタブで起きた症状

細かくペン先を動かして小さな点を描いています。

下部の部分ではスムーズに描けているのに対して、上部の部分で描くとカクつくが発生してスムーズに描けていません。

動画だと限られた範囲でしか起きてないように見えますが、実際は真ん中から上の全範囲で同じ症状がでている状態でした。

このような特定の部分でのみ細かい動作をした時にカクつきが起きる人向けの対処法になります。

対処法

ファームウェアをアップデートする

ファームウェアとは機器を制御するプログラムのことです。
どうやら、ペンタブ本体のファームウェアが古いのが原因でカクつきが起こっているようです。

もちろん、絶対治るというわけではありませんが自分はアップデートしたら治りました。
公式サイトから直接ダウンロードできないのでアップデートするには問い合わせる必要があります。

公式サイトで問い合わせてアップデート用プログラムをもらおう

公式お問い合わせページ:https://www.xp-pen.jp/guest/index

問い合わせる際は不具合の症状を書くのに加えて、「ネットで似た症状の人がファームウェアのアップデート用のプログラムをもらって治ったと見たので頂けませんか?」みたいなことを一言添えて送ると良いと思います。

問い合わせる際は、赤色で「*」が付いた項目は全て必須なので書きましょう。
シリアルナンバーが分からない方は、ペンタブの裏にあるバーコードの下に書かれています。

問い合わせ後にテストするための専用のソフトとその使い方、テスト手順とテスト中の画面の動画を撮ってほしい旨のメールが来る場合があります。
その時はPC画面をGIF動画にして撮れる「ScreenToGif」を使って撮るのが手軽です。
このブログでも使い方を紹介しているので参考にしてみて下さい。

問い合わせの流れ(自分の場合)

日本に支部はありますが中国企業ということで抵抗がある人もいると思います。
ですので、自分が問い合わせた時の流れを書いてみます。

問い合わせの流れ(自分の場合)
  1. 交換してほしかったので交換希望で問い合わせる
  2. メールでテスト用(検証用?)のソフトが送られてくる
  3. メールに書かれた手順に沿ってテストして動画を撮るように求められる
  4. テストした動画を添付して送る
  5. 何回か動画や画像を撮りながらやり取りする
  6. ファームウェアのアップデート用プログラムがダウンロードできるGoogleドライブのURLが送られてくる
  7. ダウンロードしてアップデートする
  8. おわり

上記が解決までの大体の流れになります。

ソフトを使ったテストの内容は、専用ソフト上で線を引いたり症状が出たときの様子を動画に撮るというものです。

動画を撮る方法は各自で用意しないといけないようなので、スマホなり自分のようにPC上の動画を撮れるソフトを用意する必要があります。

動画を撮ったり画像を撮ったりと若干手間取りましたが、それ以外はレスポンスも早く普通の対応でした。

ただ、担当者が中国の方なのか変な日本語で返ってくるのでちょっと分かりずらかったです。

以上です。

コメント